正装の必要はないが、せめて・・・婚活・恋活編

その服は勝負服ですか?

婚活パーティやコンパ、街コンなど

せっかく意を決して参加したのにも関わらず

私服に問題があると

興ざめしてしまいます

この場合

「自分服、持っていないし」

は言い訳にはなりません

「買えよ」

この一言につきます

ユニクロにGU、しまむらでも

コーティネート次第でいくらでもステキに仕上がります

誇り高き貧乏人になってください

それでは

ここで、男女別この服装はやめようベスト3を

独断で発表させていただきます

まずは

<男性編>

1)おまいもしかしたらニートかよスウェット風上下(ジャージ)

家からそのまま来たのでしょうか

ありのまま過ぎて、興味すらわきません

どこに行くのにもこの服装なんだと・・・

一緒に歩くのもイヤです

しかも首元がよれていたり、袖が汚れていたら

もうそれだけで、話もしたくなくなります

まさかそのままパジャマにもしてませんよね?

2)お腹でてますが、若作りしすぎおじさん

似合っていたらいいのです

明らかに見た目が熟年そのものなのに

茶髪で、若すぎる服装は悲壮感すら漂います

ただ、本人はイケイケと思っているので

親子ほど離れた子を平気で誘ったりします

適当にかわされているのにそれに気づかないのも痛いです

3)個性的すぎてネタなのか本気なのか困っちゃう

ド派手すぎる服装(蛍光ピンクのジャンパー)や民族衣装のような服装

そのほか、着かたひとつとっても、わざとなのか真剣なのか

ツッコんでいいのかわるいのか?

気になってしまい、会話もせずに時間だけが刻一刻とすぎていくことでしょう

しかし、それが信念あってのものならば、他の意見に左右されることなく

そのまま貫くことをオススメします

男性の場合は、特に清潔感がある服装をおすすめします

自分では気づかないものですが、臭う方も中にはおります・・・

だからといってスーツでビシッとする必要もありません

(仕事帰りならそれも萌えポイントですが)

Tシャツ、デニムであっても清潔感があればいいのです

キーワードは

「きちんと洗濯されている服を着ていく」

です

関連記事

  1. 男子困惑『わたしのどこが好き?』って聞かれたときの正しい答え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。